【新北】台北市のベッドタウン・三重の地元密着型カフェ「Sit Down Plz Coffee Roasting」で一服しよう

こんにちは。くみをです。

突然ですが、台北で働く外国人が多く住む町、三重を知っていますか?

台北の「ダウンタウン」

三重(Sānchóng)は、台湾人が綿々と紡いできた暮らしが息づく、活気にあふれた町。

人情溢れる下町の空気とヤンチャな雰囲気とが交錯しており、

例えるならば東京都でいう町田みたいな感じです。

  • 経済的に住みやすい
  • おもしろい個人店が多い
  • 交通の便がよい

こういった点に加えて、

「台北のどこに住んでるの?」

「三重だよ」

「三重は台北じゃねーだろ!」

こんなやりとりしばしば。

こういう点も含めて町田っぽいなーと思っています。

※ 行政区は台北市と新北市で違う

三重では台湾らしさを五感で感じながら暮らすことができます。

それでいて生活費がおさえられるので、外国人が多いというわけなんです。

小径にある地域密着のお店

そんな三重にある、気になっていたカフェに行ってきました。

Sit Down Plz Coffee Roastingです。

img_0878

周りの建物は台湾の一般的なマンション。

このお店、行ってみるとわかるのですが、「住宅地にひっそり佇む」という表現がしっくりくるこぢんまりしたお店なんです。

店内は照明もしぼられていて、おちついた雰囲気。

バリスタと向かい合う席があり、一見バーのようですが、敷居の高さは感じさせません。

img_0876

img_0864

img_0858

この日もカプチーノをいただきました。100元。

エスプレッソはブレンド豆をつかっているようです。

キレのあるお味でした。コーヒーの口に残る酸味が苦手な方におすすめの淹れ方だと思います。

ぽってりしたマグが手によくなじみます。

姉弟で始めたおしゃれなお店

img_0868

Sit Down Plz Coffee Roastingは、三重の近くに住む姉弟2人が始めたお店。

この日は明るく爽やかな弟さんが当番で、お店のことをたくさん教えてもらいました。

お店を開く前は日本へ偵察旅行にでかけたそうです。

特に大きなインスピレーションを受けたのは、なんと経堂の住宅地にあるカフェなのだそう。

ちなみにここです。

彼らがカフェ文化のアツい台北市内ではなく三重にお店を構えたのも、地域に寄り添ったお店をつくりたいと思ったからだとか。

開店時間も12時から21時までと少し遅め。

仕事や学校帰りのご近所さんに息抜きで来てほしいのだそうです。

img_0877

シングルオリジンのコーヒーを、バリスタの二人が最良とする方法で抽出してくれます。

手元のメニューには図付きの丁寧な解説付き。こだわりを感じます。

注文にあたって、

「どんなものが飲みたい?」

「もしよければ豆の種類を紹介するよ」

と気さくに話しかけてもらいました。

のんびりした心地よい時間を過ごすことができました。近くに住む人がうらやましい……。

台北の喧騒に疲れちゃったら三重で一服、おすすめです。

 

ちなみにお姉さんは日本語が少しお話しできるそうです。

それでは今日はこのへんで。

では!